「あなたが御心に留めてくださるとは、人間は何ものなのでしょう。人の子は何ものなのでしょう。あなたが顧みてくださるとは。神に僅かに劣るものとして人を造り、なお、栄光と威光を冠としていただかせ、御手によって造られたものをすべて治めるようにその足もとに置かれました。」

詩編8篇5~7節

活動の広場

クリスチャンは、すべての人が「神の働き人」とされていますが、ここでは東京鵜の木教会を通し、活動している人たちにスポットをあて紹介させていただいています。

伝道師、音楽家、そして各地の家の教会など、それぞれが神の子としての自らの役割を認識し活動している姿は、時として見ている者を励まし、勇気づけてくれることさえあります。それと同時に、わたしたちは、これら働き人を応援し、祈り支えていくことが必要であると気付かされます。

東京鵜の木教会では、これら働き人の活動が多くの方々の目に留まり、彼らの働きの支えとなりますよう、今後もサポートしていきたいと考えています。

高橋伝道師の活動

神の子ミニストリーズ

高橋めぐみ伝道師は、22歳の時に「あなたはわたしを愛しますか?わたしの小羊を養いなさい」とイエスさまに示され、伝道師としての歩みを始められました。

「神の子羊を養う」ということから「神の子ミニストリーズ」を立ち上げ、現在では、ハートフルパペット伝道師として、多くの子供や高齢者の方に聖書をわかりやすく伝えられています。また、「信徒研修会」での奉仕や、「信仰の学び(メッセージ、腹話術)」をネット上で展開し、執筆活動も盛んに行っています。

神の子ミニストリーズ

松井伝道師の活動

松井伝道師の活動

教会学校(CS)で講師を務め、高校生にイエスさまを伝える働きをされていたこともあり、現在も若い世代の方たちにかかわる奉仕を数多く担っていらっしゃいます。

また、伝道師としてセミナーの講師、その他キリスト教団体の活動を支える奉仕にも携わっていらっしゃいます。

松井伝道師活動ページ

バイオリニスト稲見節子

ヴァイオリニスト稲見節子

一昨年より、癌による闘病生活を過ごされてきましたが、2000年1月13日(月)多くの兄弟姉妹に見守られる中、神の御元へと召されていきました。

節子姉妹の希望により、彼女が神の子として用いられてきた証しとして、このページは存続させていただくこととなりました。多くの方の励みとなりますよう、生前の彼女の希望に沿う形で、リニューアルさせていただきますので、今しばらくお待ちいただけますよう、お願いいたします。

あみ鵜の木ピアノ教室

  あみ鵜の木ピアノ教室

井上あみさんは、ドイツに6年留学され、ピアノ講師歴10年、そしてヤマハCMソングを作曲された経験をお持ちのピアノ講師です。

お子さまはもちろんですが、「若い頃の夢だったピアノを…」と望まれる高齢の方まで、一人ひとりに合わせたレッスンを提供されています。

また、「外出が難しくて…」という方のために、出張レッスンも受けていらっしゃいます。

あみ鵜の木ピアノ教室

ページトップへ