天地万物は完成された。 第七の日に、神は御自分の仕事を完成され、第七の日に、神は御自分の仕事を離れ、安息なさった。 この日に神はすべての創造の仕事を離れ、安息なさったので、第七の日を神は祝福し、聖別された。

創世記2章1~3節

主日礼拝

神は宇宙を造り、地球を造り、6日目に人を創造しました。そして、七日目に休まれました。それは、神さまが働き疲れたからではなく、この日こそ天地万物を造った神さまの目的…「人と交わる」ためでした。

ところで、あなたは「あなたの命」がどこにあるか知っていますか。心臓、脳…、いいえ、あなたの命はあなたの中にあるのではありません。人の命は、人格と人格の「継がりと交わり」ですから、「あなたと誰かが愛し合う」その中にあるのです。でも、人と人の継がりと交わりは、人の命と同様に死んでいきます。

あなたの命は、あなたを造られたまことの神・イエス・キリストとの「継がりと交わり」です。礼拝は、あなたの命を確認し、さらに豊かな命を受け取る恵みの時です。

日曜日(10:30~11:50) 1階礼拝堂

毎週日曜日に行われている礼拝では、鵜の木教会バンドチームによる生演奏で神様を賛美し、聖書に基づいた牧師、伝道師によるメッセージ、聖餐式そしてお祈りが行われています。その後、昼食会(自由参加)も開かれ、交わりの時間となっています。

大人の方はもちろんですが小さなお子様や赤ちゃん連れの方、どなたでも自由にご参加いただけます。また「興味はあるんだけど、教会に行ったことがなくて…」という方や「場所が分かるかどうか不安で…」という方にも安心してご参加いただけますよう、事前にサポートが必要な方は下記のフォームまたは”お電話” にてご連絡ください。当日ご案内をさせていただきます。多くの方のご参加をお待ちしています。

主日礼拝

メッセンジャー

清野隆二 牧師

1951年、山形県の雪深い山村に生まれる。名城大学理工学部に在籍中、クリスチャン哲学教師に出会い信仰を持つ。献身の思いを抱いていた20歳の夏に、近藤正徳牧師と出会い大学を退学し東京に移り、牧師家族と共に生活して教会開拓に導かれる。

1978年結婚した妻と大田区南六郷のアパートを借り開拓伝道を始める。やがて垂穂キリスト教会となる。2001年に長野県の下諏訪教会に移り、そこから垂穂の群れを導き、2006年に全てを若い主の器たちに委ね牧会より退く。

2010年より「サレプタ・ミニストリー」を主催する。それ以前に"いのちのことば社"「百万人の福音」誌に2年3ヶ月連載した「聖書日課(創世記・出エジプト記)」を元にし、毎朝、聖書メッセージを携帯やPCへの送信を始め、今日も続けている。

2012年、最初に導かれたキリスト教鵜の木教会に牧会者として戻り、今日に至る。

清野隆二牧師

主日礼拝のメッセージ&その他の活動についてはこちら清野牧師|サレプタ からお入りください。

高橋めぐみ 伝道師

1952年、群馬県高崎市に生まれる。19歳で救われ、22歳の時に「あなたはわたしを愛しますか?わたしの小羊を養いなさい」と示され、教職を辞して伝道者となる。その後アメリカ留学を経て28年にわたり、ゴスペル腹話術として伝道奉仕に携わる。また、その一方で、バプテスト聖書学校講師、横浜女学院聖書科講師などを歴任し、キリスト教教育の分野で25年間奉仕する。40代から始めた執筆活動では、「イエスのまなざし」「キリストにあって生きる」、そして最新刊の「7粒のしずく」など全9冊に及んでいる。現在の主だった活動として、礼拝メッセージ、伝道礼拝や特別集会でのパペット伝道、研修会、ネット配信を中心とした伝道と教育に関する奉仕があげられる。

  • 千葉大学教育学部、聖書神学舎、タルボット神学校キリスト教教育学科卒
  • 「聖書同盟」主事(2年)・・・小学生聖書通読運動、児童伝道、CS教師訓練会
  • 「山形第一聖書バプテスト教会」教育主事(2年)
  • 「教会学校センター」代表(5年)・・・児童伝道、CS教師訓練会
  • 「バプテスト聖書神学校」講師(5年)・・・キリスト教教育担当
  • 「横浜女学院中学校・高等学校」聖書科講師(8年)
  • 「衣笠中央キリスト教会」伝道師(3年)
  • 「ニュー・クリエイション(腹話術伝道)」代表(12年)
  • 「神の子ミニストリーズ」代表
  • 「キリスト教東京鵜の木教会」伝道師
高橋めぐみ伝道師

高橋伝道師が運営している「神の子ミニストリーズ」のホームページが新しくリニューアルしました。是非、お立ち寄りになってみてください。

松井由紀恵 伝道師

鵜の木生まれの鵜の木育ち。教会も鵜の木で育ち、鵜の木で洗礼を受けた生粋の鵜の木っ子。東京基督教大学卒業後、hi-b.a.(高校生聖書伝道協会)ティーチングスタツフとして、高校生伝道を楽しむ。

韓国のサラン教会で弟子訓練を学び、帰国後、都内の教会で伝道師をしたのち、現在の鵜の木教会にて伝道活動にはいる。

松井由紀恵伝道師

礼拝賛美

鵜の木賛美チームリードの下、主日礼拝に行われた賛美をご紹介します。今後も、不定期ではありますが更新していければと考えています。

2019/07/14,28収録

1日1章の会

毎週水曜 午後4:00~ 一階祈祷室

榎本保郎氏の”一日一章”から、参加メンバー各自が一週間を振り返り感じ体験したこと、またそれらを分かち合う豊かな時間です。

一日一章を読んだことがない方でも、参加メンバーの体験を通し神様を囲むひと時を共有していただけると思います。参加は自由ですので、どうぞお気軽にお立ち寄りください。

一日一章

聖書講解

毎週木曜 午前10:30~ 一階礼拝堂

聖書講解は通常通り行いますが、少人数での集まりとさせていただきますので、申し訳ありませんが初めての方のご参加はご遠慮いただいています。聖書講解でのメッセージにつきましては、今まで通りHP上にアップさせていただきますので、そちらを用いていただきますようお願いいたします。

聖書を学ぶことは、知識や歴史を知り人類の知恵を得ることではありません。それは「あなたたちは聖書の中に永遠の命があると考えて、聖書を研究している。ところが、聖書はわたし(主イエス)について証をするものだ。」(ヨハネ福音書5章39節)これこそ神さまが聖書を通して与えたいこと、「イエス・キリスト」です。

旧約聖書も新約聖書も聖霊の導きによって学び、そこから「命、道、真理」であるイエス・キリストを見出し、三位一体の神との継がりと交わりを持つことができます。

朝の祈り会

毎朝 午前7:00~ 一階祈祷室

聖書を1章輪読、黙想し、わからないことの質問と分かち合い、そして山積する課題を祈ります。

礼拝および各集会についてご不明な点がありましたら、こちらからお問い合わせをお願いします。

ページトップへ