「初めに、神は天地を創造された。…神は言われた。「光あれ。」こうして、光があった。…神は言われた。「我々にかたどり、我々に似せて、人を造ろう。」

「天地万物は完成された。…第七の日に、神は御自分の仕事を離れ、安息なさった。この日に神はすべての創造の仕事を離れ、安息なさったので、第七の日を神は祝福し、聖別された。」

創世記1章1~3節・26節、2章1~3節

この章についての考察

聖書の神は、「主(ヤーヴェ)なる神(エロヒーム)」であり、名は体を表すように、「愛であり創造主なる神」と言うことができます。 「創世記」と聞くと、「世界が造られた記録」と受け取りがちですが、本来の意味は「系図」です。 ゆえに創世記の中には、「アダムの系図・ノアの子孫・セムの系図・テラの系図・イシュマエルの系図・イサクの系図・エドムの系図・エサウの系図…」と出てきます。

一般的に、系図とは先祖をたどる過去帳や血筋の記録、と日本では理解されますが、「創世記=系図」は全く違います。それは、「神の命の系図」です。

ユダヤ人の血を受け継いでなくても、神の命を受け取った者は、国籍、人種、能力などをすべて超えて「神の国の系図」に入れられます。従って、創世記は初めに神が天地を造り、六日目に人を造り、そして第七日を安息日としました。この安息日こそ、神が人間と継がり交わるために設けられた日であり、天地創造の目的でした。

創世記に登場する人々が、どのように神の系図に入り歩んだかを証し教えてくださるのが創世記です。

聖書講解

創世記:全ての始まり

2018年07月~現在

”創世記:始まり(創世記11章まで)”は、現在の講解メッセージで扱っているテーマです。更新情報はトップページのNEWSでご確認いただけます。

ノア講解

2011月年04月~2011年09月収録

”「ノア講解」CD全5枚セット”をご希望の方は、こちらお申込みフォームC4 ノア講解とご記入ください。

信仰の父アブラハム

2012年06月~2013年04月収録

”「信仰の父アブラハム」CD(全巻セット)”をご希望の方は、こちらお申込みフォームC1 信仰の父アブラハムとご記入ください。

アブラハムの子孫 イサク

2013年04月~06月収録

”「アブラハムの子孫 イサク」CD(全巻セット)”をご希望の方は、こちらお申込みフォームC2 アブラハムの子孫とご記入ください。

ヤコブ

2013年06月~2013年10月収録

ヨセフ

2013年10月~2014年07月収録

”「ヤコブ~ヨセフ」CD(全巻セット)”をご希望の方は、こちらお申込みフォームC3 ヤコブ~ヨセフとご記入ください。

無料DVD、CDは、一度に複数枚お申込みしていただけます。

ページトップへ